新築物件は中古物件と違う物があります。それが、瑕疵担保責任がある部分です。これは選ぶ価値があります。

夢見る新築生活にむけて
What's New
夢見る新築生活にむけて

瑕疵担保責任がある新築物件について

家を新築にした方が良いのか、それとも、中古にした方が良いのかとても悩ましい問題だと思います。どちらにすれば良いのかというと、やはりポイントとしては、どちらが得なのかを考えるのが良いかもしれません。新築にしても、中古にしても、何かトラブルが起こったとしたならば、きちんと、保証があるのかどうかは考えなければならないと思います。例えば、瑕疵担保責任というのが、確認しなければならない部分なのは言うまでもありません。この瑕疵担保責任についてなのですけれども、やはり、長い方が、安心出来るのは言うまでもありませんよね。

新築の場合ですと、法律によって、十年間は、売っている事業者に対して、瑕疵担保責任があるのです。だけれども、中古住宅の場合はそういう訳にはいきません。売主の瑕疵担保責任が免責になる契約というのが多いですし、もし、免責にはならなかったとしても、基本的に、売主の責任は三ヶ月程度という短い物になっているのです。そして、中古住宅には、瑕疵保険もあるのですけれども、これについては、保証期間が新築と比較をしても、五年ぐらいまでと、短い物になっているのです。そういった部分を考えるのでしたらやはり、新築の方が良いと言わざるをえないでしょう。


Copyright(c) 2017 夢見る新築生活にむけて All Rights Reserved.