新築の場合は瑕疵担保責任もありますし、劣化が無いので、新しい状態で、住む事が出来るのです。

夢見る新築生活にむけて
What's New
夢見る新築生活にむけて

新築物件で嬉しいメリットについて

新築の場合ですと、法律によって、十年間は、売っている事業者に対して、瑕疵担保責任があるのです。だけれども、中古住宅の場合はそういう訳にはいきません。売主の瑕疵担保責任が免責になる契約というのが多いですし、もし、免責にはならなかったとしても、基本的に、売主の責任は三ヶ月程度という短い物になっているのです。そして、中古住宅には、瑕疵保険もあるのですけれども、これについては、保証期間が新築と比較をしても、五年ぐらいまでと、短い物になっているのです。そういった部分を考えるのでしたらやはり、新築の方が良いと言わざるをえないでしょう。

特に気になる部分としては、水回りというのは大きなポイントと言えるかもしれません。どういう事なのかと言うと、バスルームやトイレという設備は、時間が経過すれば、どうしても劣化をしてしまいますよね。中古住宅の場合ですと、その、劣化状態はかなり大きな物になっていると思います。そういった部分を見て、中古物件よりも新築の方が良いと選択する方も多いのです。その間、リフォームをしていれば良いかもしれませんが、そういった事も少ないかもしれません。それを考えるのでしたら、新築物件の方が良いと言えると思います。選んでみませんか。


Copyright(c) 2017 夢見る新築生活にむけて All Rights Reserved.