新築祝いをたくさんの人からいただくことができたので、家具などは自分で購入しなくても済みました。

夢見る新築生活にむけて
What's New
夢見る新築生活にむけて

新築祝いに心から感謝

社会人になると、会社の部下や上司、そして同期の結婚や出産のお祝いが続きます。とてもおめでたいことなのですが、正直その出費はバカになりません。いつもおめでたいと思いつつも、財布を気にしてしまいますよね。

もちろん、自分が同じ立場に立てば、今までお祝いした分が返ってくるわけですから、正直出て行ったお金は帰ってくるのだと信じるしかないとは思います。そもそもお祝いとは日頃の感謝の気持ちを込めるわけですからとてもうれしいものです。わたしも最近新築の家を建てたので、そのときにたくさんの新築祝いをいただくことができました。

しかも、新築祝いは出産、結婚祝いと違ってお返しをしなくていいのです。これはだれが決めたのだかわかりませんが、世の中の風潮としてそうなので、とてもありがたいです。新しい家は友人知人がくれた祝いの品であふれかえるほどで、とてもうれしいです。自分の家に帰る度に、この家があるのは自分一人の力ではなくてたくさんの方々に支えられて建てることができたのだと感慨深いものがこみ上げてきます。感謝の気持ちを忘れないように、新しい家で、家族と共に生活をしていこうと思います。そして新しい命にも感謝をしたいと思います。


Copyright(c) 2017 夢見る新築生活にむけて All Rights Reserved.