新築一戸建ての間取りを考える時は、家族構成を優先して考えて、先々のことも見通すことが大事です。

夢見る新築生活にむけて
What's New
夢見る新築生活にむけて

新築一戸建ての間取りを考える時

新築一戸建ての間取りを考える時、一番頭を使うのは限られた資金の中でどう言う間取りの家にするかだと思います。資金が限られているから考えは絞られてはきますが、それでも夢や希望は膨らみがちですし、そもそもどう言う間取りの家が自分達に適しているか分からないこともあります。一戸建ての間取りを決める時は、家族構成を優先して考えるべきです。夫婦二人だけで住むのか、現時点で子供が何人いるのか、これから増える予定があるのか、親と同居するのかなど家族構成によって間取りは大きく異なってきます。

夫婦だけで住むのならば、二階建てにしなくても資金も抑えられる平屋でもいいですし、3世帯同居で家族の人数が多いのならば、2階建てどころか3階建てにする必要が出てくることもあります。3世帯同居ともなれば、各階に水回りを設けないと住みづらい可能性があるので、資金について家族全員でしっかり計画を立てることが大事になってきます。また、現時点での家族構成を考えるだけでなく、先々のこともある程度見通して間取りを考える必要があります。子供がいる場合は、いつか独立して家を出て行く日が来ると考え、その時どう部屋を使うかまで考えを及ぼすことです。


Copyright(c) 2017 夢見る新築生活にむけて All Rights Reserved.