新築文献は誰も住んだことのない全くの新品だと言えます。その気持ち良さはtっゆうこぶっけんでは味わえません。

夢見る新築生活にむけて
What's New
夢見る新築生活にむけて

新築にはあこがれを抱きます。

新築すなわち、これまで誰もそこに住んだことがないと言う事です。建物は勿論床や壁、すべてが新品です。入ると新品特有の臭いが漂ってきます。それは洋室は勿論、畳の部屋でも同じです。僕は畳の部屋のい草の臭いが大好きです。あの臭いがする部屋でなら一日ゴロゴロとしていたいと思います。この嬉しさは新築物件に住んだ人にしか分からないはずです。わが家も建て売りでしたが新築の物件でした引っ越した当初はどの部屋も新品の臭いが漂っていました。既に40年近く経ったいまではまったくその面影もありませんが、引っ越した当時は非常に気持ちが良かったと言えます。

これは1度くらい手見なければ分からないはずです。引っ越しを終えて自分の家となり始めてそこで暮らす気持ち良さは誰のモノでも無くそこに住む人の物だと言えます。その代わり購入資金はかなり高くなります。建物そのものの価格と言うよりもそこに建っている物件の巣ベットの費用がその建物に乗っかっていると言えるからです。建てる理の場合実際の費用はその半分ぐらいと言う事が先日テレビで発表されていました。わが家などでは700万円前後と言う事になります。当然ながらいまではもっと安くなっています。


Copyright(c) 2017 夢見る新築生活にむけて All Rights Reserved.