新築購入のためには計画的な予算の編成が必要です。購入後のローン返済や税金についても考えておくべきです。

夢見る新築生活にむけて
What's New
夢見る新築生活にむけて

新築購入は計画的にすべし

長期的かつ計画的な予算編成は、新築購入のためには必要です。もし建売住宅ではなく注文住宅でゼロからマイホームの購入を進めるのであれば、その段取りと段取りに従ってかかってくるお金のことを、つねづね考えておかなければなりません。

注文住宅は、もし土地を持っていなければ、土地の購入をしなければなりません。土地購入のためには、土地の売買契約を結びます。ただし売買契約は、契約締結時と契約履行時の二度にわたってお金が必要となります。契約締結時にはいわゆる手付金の支払いを請求され、売買価格の10パーセント程度を前もって支払わなければなりません。それから履行時、すなわち土地の引き渡しの時に、残金を精算します。そのあとの建物の購入も、同じように契約の締結時と着工時に2度にわたる料金の精算をすることになります。

長期的な資金計画とは、すなわち、ローン返済のことを考えなければならないということです。無理のない返済額にしなければ、せっかく新築購入を果たしたというのに、毎日を汲々として過ごさなければならなくなります。またローン返済のほかにも、不動産取得税や固定資産税などの税金を支払わなければならなくなります。こうした種々の出費を予算に組み込んでおかなければならないのです。


Copyright(c) 2017 夢見る新築生活にむけて All Rights Reserved.