新築で敷地の状況は分かりずらいことがあり、もしも電柱が悪い位置にあれば電力会社に連絡をする

夢見る新築生活にむけて
What's New
夢見る新築生活にむけて

新築の時の土地の状況は

家づくりの費用は本体工事、別途工事、諸経費の3本で成り立っていますが、家づくりの費用=本体工事費と思っていたら実は間違っています。別途工事の中でガス工事や水道負担金などはどうしても発生します。さらに工務店は感多津城勝手に見積もりを出せないので、依頼主がある程度の知識を持っていなければあとで大変なことになります。そしてこうした点を踏まえ、思いがけない工事費用が発生する箇所をピックアップしました。

同じ場所に建て替えるならば水はけが悪かったなどなんとなく湿気が感じられるとかわかる出層が、新たに土地を求めて新築されるときは敷地の状況はわかりづらい物があります。そしてこんな時は是非地盤調査をお勧めします。簡単なもので7万円以内、載荷試験で20万円ぐらいかかってきます。とても不安を感じたときは後者のほうを行っていきましょう。そして土の中はだれにもよそうがつかず、なんとなくこうだろうといったことやめておきましょう。そして敷地の途中に電柱がたっていて、建て替えにあたってプラン上具合の悪い位置に来ることがあり、こうしたときは、電力会社に連絡すると移設ができます。そして1本当たり、10〜15万円ぐらいかかります。


Copyright(c) 2017 夢見る新築生活にむけて All Rights Reserved.