新築で太陽光発電をつけてみるのはとても役立っていて、ハウスメーカーに建物と一緒に工事する工事費削減になる

夢見る新築生活にむけて
What's New
夢見る新築生活にむけて

新築に太陽光発電を設置

新築住宅を見ても太陽光発電システム標準装備の売り文句をよく見る時代になっていますが、新築住宅を建てる方の中にも太陽光発電を追加工事で発注したりするケースがおおく見られます。そして、ハウスメーカーに建物と一緒に工事してもらうと工事費削減が可能です。そして、ハウスメーカーの場合にはお得に大手は営業や宣伝費のコスト負担が大きく、一般的に粗利益率が高い傾向にありますが、太陽光発電業者は業者間の競争が激しく、粗利益率が低く、低価格で設置できる可能性が高いです。

そして対応としては同じパネル配置使用でたくさんの業者で見積もりを取ることをお勧めします。そして一括でローンを組むことができませんから、設置したいときは頭金を太陽光発電に回していく必要があり、頭金資金に余裕があれば可能です。そして、新築するとき、ほとんどの方は住宅ローンを組む、新築時に太陽光を設置すると、住宅ローンが増加します、そして、通常の太陽光発電のみのローンはローン控除が受けられないですが、新築時は住宅ローン控除1%を10年間受けられます。そしてローンの利率があまりに高いときやローン年数が長いときは投資回収年が長くなりますから、見送ったほうがいいでしょう。


Copyright(c) 2017 夢見る新築生活にむけて All Rights Reserved.