新築を立てるときの費用はハウスメーカーでも坪単価で計算されて、電気工事費用などが別料金のところもある

夢見る新築生活にむけて
What's New
夢見る新築生活にむけて

新築を立てるときの費用

家を建て替えるときに必要な費用は一番大きい費用はやはり家を建てる費用ですが、これはもちろん新しいと血に家を建てるときと同じようにかかってきて、新築費用はどこのハウスメーカーでも坪単位で計算されます。そして坪30万円と居負った業者であれば40坪の家を建てれば1200万円、坪50万円の業者なら2000万円かかってきます。そして坪単価が安いほうがいいかもしれませんが、その時はその内容をしっかり調べなければなりません。そして照明器具やエアコンやカーテンや水道工事など日常生活に必要なものまですべて入って、後は住むだけの状態まで仕上げて坪単価と逝ったところも合えば、建物だけの坪単価で、それに水道工事費用や電気工事費用やそのほかの備品すべては別料金といったところもあります。

そして建てる前に見積もりを出されますから、それを見ると結局坪単価が高い方が総額で安くなるといったこともあります。そして耐震性についてもハウスメーカーごとに違っており、震度7が来ても大丈夫といった実験結果があるところもあれば、口先だけで大丈夫といったところもあります。そして、長年住み続けるので、建てた後のアフターケアも必要となり、そうした対応はどうなのかといったことも家を建てるときに重要なポイントになります。


Copyright(c) 2017 夢見る新築生活にむけて All Rights Reserved.