新築一戸建ては大変大きな買い物です。契約する前に一度は賃貸に居住し、新築の購入予定地を下調べするのが良いです。

夢見る新築生活にむけて
What's New
夢見る新築生活にむけて

新築の購入前は賃貸で情報収集を

新築一戸建ては、人生で最も大きな買い物です。住宅ローンの契約をする前に、ぜひ一度賃貸に居住し、購入予定地の下調べをするのが良いかと思います。特に、家の値段はそのほとんどが土地代です。家の価値は立地で決まると言っても過言ではないので、その土地・地域について熟知しておくことが大切です。

中でも、生活には欠かせないスーパーマーケットがどのくらいの距離にあるのか、役場などの施設は近いのか、最寄りの駅はどこにあるのかといった情報は、きちんと把握しておく必要があります。さらに細かい情報としては、空気が汚れていないかどうか、騒音はないか、太陽光は良く当たるかどうか、図書館に置いてある本の種類は充実しているか、子育て世代が良く利用する施設は充実しているか等、挙げればきりがありません。しかしながら、これらの情報に関しては、実際に住んでみないと分からない部分が大きいです。

上記の理由により、実際に新築を購入される前に、一度賃貸に住んでみて、その土地について熟知しておくことは非常に大切です。できれば、その地域の四季全てを経験・体験してから引越しをされた方が、新築を建ててから後悔する心配も少なくて良いかと思います。


Copyright(c) 2017 夢見る新築生活にむけて All Rights Reserved.