新築物件で失敗しない為には空間に合った設備で間取りと連動して、計画することがポイントです。

夢見る新築生活にむけて
What's New
夢見る新築生活にむけて

新築物件は設備と間取りと連動して計画することがポイント

新築の物件を建てる場合には間取り近隣の環境などさまざまな事を考えていかなければいけません、設備も間取りプランと一緒に考えた場合、電気やガスなどのエネルギー関連、空調、照明設備、キッチンや浴室など、ショールームで実物を見たり、カタログを見てイメージしていきます。しかし、設備そのものの性能やデザインだけで選んでしまうと肝心の住まいとの空間とのバランスが悪くなります、高性能でオシャレなデザインでも、空間に合った設備でなければ意味がありません。その為には間取りと連動して計画することが大切です。

たとえば夏場の日差しや通風を考え、エアコンに頼らない間取りや、冬場の日当たりを配慮して窓の位置や大きさを工夫したり、北側の廊下やトイレに取り付ける窓を工夫し、照明が必要ない間取りにすることで、ランニングコストを軽減できます。又、住宅設備の機能は日々進化していますが、カタログや写真だけで実際の使い勝手や質感はわからないもの、ショールームなどで、見て、触って、環境にやさしい設備か確かめてから決めたいものです。住宅の寿命に比べて設備の寿命は短いのが現状です。設備導入はメンテナンスの事も考えて検討する必要があります。


Copyright(c) 2017 夢見る新築生活にむけて All Rights Reserved.